着物と関係する。

なんで着物の仕事なんか始めたのだろう?

時々自問自答します。

「着物が好きでたまらないから」

誤解を恐れず本音を言えば「いいえ」

もちろん好きですが、「たまらない」ということはありません。普通に好きです。

でも、このごろふと感じるのですが

家の箪笥に当たり前のように着物が並んでいるのを見ると

なぜだか幸福感に包まれます。

普段着の中に着物があるというのは

日本人としての私をこの上もなく落ち着かせてくれるようです。

なんかこう、不安な感じがなくなるのです。

これはたぶん明らかに着物の効用です。

理屈抜きに自分の身体が反応しているのです。

好き嫌いとか素材とかデザインとか、そういうものを超えた

着物と私の感応。

着物と関係することで整う自分、というのがあるようです。

私は洋服も元々大好きです。いろいろ着れて楽しいし。

しかし、特別はっきりした理由があるわけでもないけれど

着物からはもはや離れることができません。

 

 

新着情報新着情報